歯のトラブルが 深刻化する前に相談

良くない歯並び

歯の重なり合い

重なり合っている噛み合わせの状態を叢生と呼びます。
この叢生は、日本人の人たちに多く見られています。
叢生になる原因やいくつかあります。その中で最も多い原因があるのです。
その原因が、顎が小さすぎるということです。
顎が小さすぎてしまうと、全体の歯がきちんと並べられなくなってしまうのです。
子供のうちにこの叢生を歯列矯正で治療して治しておけば歯を抜かずに矯正治療だけですみます。
ですから、叢生に悩まされている方は、早めに歯列矯正の治療を受けるようにしましょう。

前歯が目立つ

前歯が目立つ歯並びの状態を、上顎前突といいます。
上顎前突は言葉のとおり、上顎が下顎よりも前面に出ています。
この歯並びの治療をするときも叢生と同じように歯を抜く必要があります。
しかし、子供のうちにこの上顎前突を治すと、歯を抜かないで治療することが出来ます
歯を抜かないで治す方法は、歯列矯正で、顎を大きく広げていく必要があります。
大きく広げていくと、歯並びを綺麗にする事ができます。
上顎前突の方に多いのが、口呼吸を行っていたり、舌の位置がずれていたりする事が多いです。
それを治すため、トレーニングを必要とする場合もあります。

反対咬合

反対咬合は受け口とも呼ばれていますが、下顎前突とも呼ばれています。
この下顎前突は、上顎前突の逆のパターンになっている状態で、下顎が前面に突き出ています。
これも上顎前突と同じように、歯を抜くことが必要になります。
歯列矯正だけでは済まないので、外科矯正で治療を受けることになります。